藤原友 行政書士事務所のロゴ画像

行政書士業務で私が使用している4つの必須ツール

行政書士の日常として,私が普段何を使っているのかをざっくりまとめてみました。

他にも抜けているものがありそうですので,後日追記するかもしれません。

これから行政書士として開業しようとしている方や,私の顧客の方に「そんな感じか」と思って頂ければ幸いです。

パソコン

手書きで書類を作ることがあまりにも非効率なので(笑),パソコンは必須です。

私は2〜3年単位で買い替えをしながらMacBookProを使っていますが,MacでもWindowsでも,SSD搭載の最新OSが動くPCならどれでも問題無いと思います。

Macの場合の注意点としては,Windowsでないと使えない官公署の「申請用総合ソフト」が存在することですかね。

私の場合はMacでWindowsを同時に使えるようにする「Parallels Desktop」というソフトを入れて,Windowsもインストールして使ってます。「Bootcamp」もほぼ同じ機能です。

それが面倒だという場合,最初からWindowsパソコンで良いように思います。

インストールすべきソフトはそれ以外特になく,最近ではGoogleのドキュメントとスプレッドシートとスライドがあるので、Officeも要らないのではないかとさえ思っております。

ただ,Googleアプリなら簡単に共有できますが,簡単に共有できるところがデメリットでもありますので,状況に応じて使い分けるのが良いかもしれません。

もっとも,依頼者の方などから.docxや.xlsxファイルなどの確認を求められた場合に,開けないのでは困るので,一応入れておくのはアリだと思います。

パソコン用アプリ

  • 電子法令
  • Office
  • 申請用総合ソフト(Windowsのみ)

スマホ

書類の写真を撮ってPCに送ります。現場写真も撮ります。

いちいち全ての書類についてコピーを取って紙で保存する必要もありませんので,基本これで対応します。

私はiPhoneで撮り,AirDropの機能でMacBookに送っています。

また,外出先でPCをネットにつなぐために,テザリング機能も使います。

これらの合わせ技により,打ち合わせに行ってその場ですぐに書類を作ってすぐに印刷(コンビニ等でUSBからの書類プリントまたはネットワークプリントを利用)し,印鑑をもらって申請先に連絡して申請予約を入れられます。

こんなの,ひと昔前ならほぼできなかったですし,今でも見る人によっては神業と言われそうですが(笑)。

スマホ用アプリ

  • e六法
  • Googleのドキュメント・スプレッドシート・スライド

プリンター

印刷するためにこれは必須です。

作成した書類は見栄えも重要なので,トナー式のレーザープリンターが良いと思います。インクジェットプリンターだと文字がにじみがちですので。

モノクロでも大丈夫ですが,カラーの方が応用は利きます。

電子書類・電子申請が100%行き渡れば不要になる可能性もありますが,10年後くらいまでは必要だと思います。

ホッチキス・製本テープ

とめますとめます。

書類作るなら絶対要ります

まとめ

どうやら,私はデジタル行政書士です(笑)。

できるだけ合理化簡略化できるように努めた結果,ボールペンがほとんど要らなくなりました。

書くのは好きなので,若干寂しくもあります。