藤原友 行政書士事務所のロゴ画像

新型コロナウイルス対策協力金・給付金<2020年5月26日更新>

新型コロナウイルス対策協力金の申請書類を、行政書士が無料で事前確認します。

弊所においても新型コロナウイルス対策をしながら日々を過ごしております。

ご覧の皆様のお役に立てればと、お問い合わせのあったものを中心に、給付金に関する情報をまとめています。

給付金の種類をまとめた表は次のとおりです。

対象者 名称 金額
事業者(個人事業主・法人) 感染拡大防止協力金 第1弾(4/11〜5/6) 事業所1ヶ所:50万円
または
事業所2ヶ所以上:100万円
感染拡大防止協力金 第2弾(5/7〜5/31) 事業所1ヶ所:50万円
または
事業所2ヶ所以上:100万円
持続化給付金 個人事業:100万円以内
または
法人:200万円以内
国民全員 特別定額給付金 10万円

以下それぞれの概要をまとめましたので、記載します。

事業者対象:感染拡大防止協力金 第1弾(4/11〜5/6:締切6/15)

東京都からの給付金です。

都の要請や協力依頼に応じて、4月11日から5月6日までの間に休業・時短営業を行った施設に対し50万円又は100万円が給付されます。

給付要件

  1. 個人事業主又は中小企業であること
  2. 令和2年4月10日以前から、必要な許認可等を取得の上、運営している対象施設であること
    ※対象・非対象施設のリストは→ こちら ←(東京都のページ)
  3. 休止か時短の要請を受けていること
  4. 少なくとも令和2年4月16日から同年5月6日までの全ての期間において、東京都の要請に応じ、休業等を行うこと
  5. 暴力団等の関係者でないこと

必要書類

必要書類は次の7点です。オンライン申請も可能です。

  1. 申請書兼事前確認書(時短営業の場合、スケジュール表)
  2. 誓約書
  3. 昨年(度)の確定申告書のコピー
  4. 許認可や免許の要る業種の場合、それらの取得証明書のコピー(例:飲食店の場合、営業許可書)
  5. 店舗の協力状況を示す書類(休業・時短営業中の張り紙などの写真・ホームページのコピーなど)
  6. 支払金口座振替依頼書
  7. 本人確認書類(運転免許証など)のコピー

提出(オンラインの場合は入力)期限

2020年6月15日(月曜日)までに、郵送の場合は消印、オンラインの場合は当日内に入力完了。

東京都公式サイト

※申請書式・記入例など、感染拡大防止協力金のページは→ こちら ←(東京都のページ)

相談・申請書類事前確認の行政書士報酬

協力金に関するご相談、申請書類の事前確認にあたって、行政書士報酬は無料です(都から支給されるため)。

事業者対象:感染拡大防止協力金 第2弾(5/7〜5/31:受付開始6/17〜)

第1弾と同様の流れになる予定です。申請受付開始は2020年6月17日です。

専門家による事前チェックも相変わらずあるそうですので、弊所も第1弾同様、無料で対応させていただく予定でおります。

案内のページは→ こちら ←(東京都のページ)

事業者対象:持続化給付金

国からの給付金です。担当は中小企業庁(経済産業省)になります。

昨年の同じ月と比較して、売上が半分以下になった月があれば、その月の売上×12ヶ月と昨年の総売上の差額をもらえます(個人の上限100万円、法人の上限200万円)。

給付要件

  1. 2019年も事業を行っていて、今後も継続するつもりであること(2019年開業の場合含む)
  2. 2020年1月以降に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等によって、前年同月比で売上が半分以下になった月があること
  3. 性風俗関連特殊営業、宗教団体等の事業者でないこと
  4. 暴力団等の関係者でないこと

必要書類

  1. 2019年(度)の確定申告書類
  2. 売上が半分以下になった月(現状、2020年1月〜4月のどこか)の売上台帳等
  3. 通帳のコピー(写真可)
  4. 個人事業の場合、本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)

申請手順

  1. 申請ページにアクセス→ こちら ←(中小企業庁(委託先:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)の持続化給付金特設ページ)
  2. 同ページの「申請する」ボタンから、メールアドレス等を入力して、仮登録する
  3. 入力したメールアドレスにメールが届くので、リンクから飛んだ先でログインIDとパスワードを設定し、本登録する
  4. 本登録完了後、IDとパスワードを入力してマイページにログインする
  5. マイページ内の指示に従い、必要書類のコピー(スマホで撮った写真など)をアップロードする
  6. 先方で書類チェックが完了したら(2週間程度)給付通知が来て、指定口座に入金される

国民全員対象:特別定額給付金

総務省からの給付金です。

2020年4月27日までに住民登録されているすべての方が対象です。

ちなみに、我が家にはまだ郵送申請用の書類は届いておりません(2020年5月26日現在)。

2020年5月後半ごろから郵送申請開始の予定のようです(市区町村による)。

申請手順〜郵送申請の場合〜

世帯主宛てに申請書類が届きます。オンラインで申請しない方も、書類の到着を待って、郵送申請すれば大丈夫です。

  1. 市区町村から受給権者宛てに申請書類が郵送されてきます。
  2. 振込先口座を記入(受取不要の方は不要記載)し、本人確認書類の写しとともに郵送します。
  3. 先方でチェックを行い、指定した口座に給付金が振り込まれます。

公式サイト

詳細は→ こちら ←(総務省の特別定額給付金のページ)

申請手順〜オンライン申請の場合〜

※マイナンバーカード(通知カードではありません)が必要です。

現時点でマイナンバーカードを持っていない方、パソコンやスマホの操作に不慣れな方にはハードルが高そうです。

郵送申請の場合と比較して、給付のタイミングは大差なさそうです。

オンライン申請でないと給付を受けられないわけではありません。特段の理由が無いのであれば、書類が届くのを待つ方が良いと思われます。

  1. マイナンバーカードと、マイナンバーカード読み取り対応のスマホを準備
  2. オンライン手続きの手順を読んで、マイナポータルから指示に従って手続きします。手続きは→ こちら ←(総務省のホームページ)

藤原友 行政書士事務所

東京都世田谷区大原1-48-13
☎ 050-5892-3118
受付:午前9時〜午後8時
Mail:info@fujijwaracaps.com

お問い合わせはこちらボタン